Rei to utsushimi : nihon eiga ni okeru tairitsu no bigaku / Tsuvika Seruperu = Zvika Serper

Research output: Book/ReportBook

Abstract

銀幕にうつる日本の「無意識」とはなにか?日本映画のなかには、能や歌舞伎といった伝統芸能をモチーフとし、またその影響を受けた作品が多く存在する。「対極とその調和」を軸に、黒澤明、溝口健二などの古典から、新藤兼人、今村昌平、伊丹十三、北野武まで、日本映画における美意識の源流を読み解く、イスラエル人演出家・芸能研究者渾身の日本文化論。
Original languageJapanese
Place of PublicationTōkyō
PublisherShinwasha
Number of pages275
ISBN (Print)9784864051002
StatePublished - 2016

Keywords

  • Motion pictures -- Japan -- History -- 20th century
  • Performing arts -- Japan -- History -- 20th century

Cite this